β-カロテン(ベータカロテン)画像

β-カロテン(ベータカロテン)の基本的な効能効果

β-カロテン(ベータカロテン)の体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

β-カロテンの主な働き

  • 皮膚や粘膜を構成する上皮細胞の生成促進
  • 肺機能および呼吸機能の改善
  • 脳細胞の老廃物および毒素の排出
  • 網膜細胞の保護成分であるロドプシンを生成
  • フリーラジカルの活動阻害による癌細胞の抑制

β-カロテン(ベータカロテン)は植物に豊富に含まれるカロテノイドの1種で、必須栄養素であるビタミンAに変換されて後、体内で様々な形で利用されます。

抗酸化物質として老化や細胞損傷の原因となるフリーラジカルの阻害作用に優れるβ-カロテンは基本的にはビタミンAと同様の効能をもち、皮膚や粘膜を構成する上皮細胞の生成、肺・呼吸機能および喘息の改善心筋梗塞や脳卒中など心血管疾患の発症リスクの軽減効果を期待することができます。

欧米では認知機能低下を遅延させる効果に優れるβ-カロテンアルツハイマー病の治療に利用することがあり、そしてなによりも強力な癌細胞増殖抑制および死滅作用をもつことから、β-カロテンを豊富に含む人参ジュースを代替療法では積極的に取り入れており、特に乳癌と卵巣癌の治療に大きな成果を挙げています。

ただ、β-カロテンはサプリメントなどの栄養補助食品で大量摂取すると特定の癌リスク、特に喫煙者の肺癌と胃癌の発症リスクを増加させる危険性があります。

なお、β-カロテンは様々な栄養素との相乗効果が確認されており、特にビタミンC、ビタミンE、亜鉛との併用が推奨されています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでβ-カロテン(ベータカロテン)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • UV-AやUV-Bなど紫外線による日焼け緩和や対策
  • ニキビや吹き出物など肌荒れを予防改善
  • しわ・しみ・たるみの改善
  • 発疹や湿疹など皮膚疾患の緩和
  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • インフルエンザや風邪の予防
  • 集中力や記憶力など脳機能全体の向上
  • 視力低下や目の疲れ(疲れ目)など眼球の補修保護
  • 吸収消化など消化器機能の向上

ハーブ. スパイス.