ベルベリン画像

ベルベリンの基本的な効能効果

ベルベリンアルカロイド化合物の1種で、体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ベルベリンの主な働き

  • 肝臓内のグリコーゲンを低下
  • インスリン抵抗性数値の改善
  • 腸内環境を正常化(悪玉菌の減少および善玉菌の増加)
  • 糖質代謝酵素の活性化

ベルベリンは様々な植物に見られる黄金色のアルカロイド化合物で肝臓のグリコーゲンを低下させインスリン抵抗性の改善する作用に優れており、欧米では基本的に2型糖尿病の治療だけでなく糖質を代謝する酵素の活性化作用も有しているため脂肪燃焼やダイエットサポートとしても利用されています。

その他にも抗生物質と同レベルの抗炎症作用を有しているベルベリン細菌や真菌、ウイルス、寄生虫などあらゆる有害微生物の殺菌を可能とし、特に腸に生息する細菌の殺菌作用に優れているためIBS(過敏性腸症候群)やSIBO(腸内細菌異常増殖症候群)などの疾患に大きな成果を挙げており、食中毒や下痢などにも効果があるので胃腸薬としても使用することができます。

さらにベルベリンは他の成分には見られない特異な抗酸化作用も有していて、抗炎症作用と抗酸化作用の複合効果によるものかは定かではありませんが様々な種類のガン細胞増殖を抑制することが確認されています。

一般的に人体には無害で過剰摂取しても副作用はないとされていますが、現段階では他の医薬品との併用は危険だと考えられており、その他にも血糖値を下げる作用も確認されているため低血糖の方の摂取はおすすめできません。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでベルベリンサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • 便秘軟便下痢など腸内環境の改善
  • 食欲増進や食欲不振の改善
  • インフルエンザや風邪の予防
  • 肝臓病の予防や肝臓機能の回復改善

ハーブ. スパイス.

アルカロイド.