ベンフォチアミン画像

ベンフォチアミンの基本的な効能効果

ベンフォチアミンチアミン(ビタミンB1)誘導体の1種で、体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ベンフォチアミンの主な働き

  • 神経細胞機能の向上および修復維持
  • 糖を代謝する酵素の活性化
  • 老化現象の原因物質の一つであるAGEs(終末糖化産物)の活動抑制
  • 脳細胞の炎症抑制および脳機能の改善
  • 癌発生に繋がるDNAの損傷予防およびガン細胞の増殖を抑制

ベンフォチアミンは一般的なビタミンB1の形態であるチアミンをより生物学的に利用効果・持続性の高い脂溶性型に改良された成分で、基本的効能としては集中力・記憶力を高めるなど脳機能の向上ややる気が出る気分が前向きになるなど神経機能を改善させ、アルツハイマー病など認知症も緩和させる神経細胞の修復保護能力に優れた作用を有しています。

特にベンフォチアミンは細胞老化損傷の原因物質であるAGEs(終末糖化産物)の活動を低下させるため生活習慣病の一つである糖尿病(特に2型糖尿病)の緩和に優れ、さらに糖尿病と関係性の深い末梢神経障害、線維筋痛症、坐骨神経痛、筋筋膜性疼痛症候群などの神経障害にも有効な成果を上げており、欧米の自然療法医では上記の症状に加え橋本病や甲状腺機能低下症の患者に処方することがあります。

日本ではガン細胞予防抑制作用が高い成分としてガン対策目的の摂取が大半を占めており、実際に様々な研究でがん細胞の増殖の抑制および癌細胞自体の死滅を促進させ、血液の癌である白血病の進行を阻害する効果も確認されている優れた抗ガン作用の有する成分の一つです。

ベンフォチアミンは様々な成分と相乗効果が確認されており、ガン対策目的で摂取をする場合はビタミンC、ビタミンE、α-リポ酸(R-リポ酸)と、ADHD (注意欠陥・多動性障害)などの発達障害、うつ病、自律神経失調症、アスペルガー症候群、アルツハイマー病、パニック障害、自閉症など精神疾患の症状緩和目的で摂取する場合は、α-リポ酸(R-リポ酸)に加え脳細胞の再生修復に優れたビタミンB12(コバラミン)との併用が推奨されています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでベンフォチアミンサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 集中力や記憶力を高めるなど脳機能の向上
  • ストレスの緩和や耐性力の向上
  • やる気が出る前向きになるなど物事の考え方を肯定的に改善
  • 自律神経の乱れを改善
  • 甲状腺機能低下による症状の改善
  • がん疾患や悪性腫瘍対策
  • 白血病/悪性リンパ腫/多発性骨髄腫対策

ハーブ. スパイス.