ビート画像

ビートの基本的な効能効果

ビートの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ビートの主な働き

  • 硝酸塩による血圧の低下および運動パフォーマンスの向上
  • 食物繊維による食欲の抑制と便秘の改善
  • 脳への酸素供給量向上によるアルツハイマー病の緩和
  • ベタインによる肝臓の解毒機能の向上

ビートは地中海地域を原産とするヒユ科の二年生植物で、紀元前から下級層が飢えをしのぐための一般的な野菜にすぎませんでしたが、近年になって低カロリーながら豊富な栄養素を含むスーパーフードとして注目されています。

ビートにはビタミンC、マグネシウム、カロチノイド、ルテイン、グリシン、トリプトファン、ベタイン、食物繊維など多種多様な栄養素が含まれますが、特に血圧の低下作用に優れる硝酸塩が高濃度に含まれるため、心筋梗塞、心臓発作、心不全、脳卒中、クモ膜下出血など心血管疾患の発症リスクを低下させることができます。

また、硝酸塩は人体内で一酸化窒素に変換された後、細胞のエネルギーを生成するミトコンドリアの効率性を向上させることが可能で、ボディビルダーやアスリートが運動パフォーマンスを高める目的で利用することがあります。

その他にもビートには高食物繊維による食欲の抑制および便秘の改善、血流の改善および脳への酸素供給量向上によるアルツハイマー病・認知症の緩和、ベタインによる血液の浄化と肝臓の解毒機能の向上効果などを期待することができます。

ビート過剰摂取による副作用として腎臓に損傷を与える可能性があり、さらにアレルギー反応による発疹、蕁麻疹などを引き起こすケースが報告されています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでビートサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 冷え症や血行障害の改善
  • 疲労回復効果の促進
  • 運動パフォーマンスの向上
  • 便秘軟便下痢など腸内環境の改善
  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 食欲を抑えるなど食欲の軽減効果
  • 肝臓病の予防や肝臓機能の回復改善
  • 化学薬品や重金属など有害物質のデトックス
  • 集中力や記憶力など脳機能全体の向上

ハーブ. スパイス.