大麦若葉(大麦草)画像

大麦若葉(大麦草)の基本的な効能効果

大麦若葉(大麦草)の体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

大麦若葉の主な働き

  • スーパーオキシドディスムターゼ(SOD)の活性化による活性酵素の中和
  • 体内に蓄積した化学物質や重金属のデトックス
  • 放射能および放射性物質に対する耐性の向上
  • 体のpHバランスをアルカリに調整
  • 腸内環境の改善作用による腸疾患の改善
  • 砂糖、アルコール、煙草などの中毒症状を緩和

オオムギは人によって最初に栽培された穀物で、紀元前から大麦草を肝臓や胃腸障害の治療に利用していました。

大麦若葉にはビタミンB群(特に葉酸、パントテン酸。)、カリウム、カルシウム、鉄、リン、マグネシウム、クロロフィル、ベータカロチン、フェルラ酸、GABA(ギャバ)、アミノ酸、食物繊維、酵素など多種多様な栄養素が含まれており、日本では主に青汁の原料として使用しています。

大麦若葉はフリーラジカルの分解酵素スーパーオキシドディスムターゼ(SOD)の活性化、化学物質や重金属の解毒、体のpHバランスをアルカリ化、DNAの修復および放射性物質に対する耐性を高める作用があり、を含めた広範囲の疾患の発症リスクを大幅に軽減させることができます。

あらゆる疾患の予防緩和を可能とする大麦若葉ですが、特に腸管に蓄積した毒素の排出作用に優れるため、欧米では潰瘍性大腸炎の治療に利用することが多くなっています。

また、大麦若葉にはグルタミン酸が含まれることから体内の解毒作用との相乗効果により、砂糖、アルコール、コーヒー、ニコチン、薬物への中毒症状を緩和することができ、ダイエットや脂肪燃焼効果を高める作用にも期待することができます。

大麦若葉(大麦草)過剰摂取による副作用として下痢、吐き気、喘息、アレルギー反応、小麦アレルギー、セリアック病を悪化させる可能性があります。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbで大麦若葉(大麦草)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • 化学薬品や重金属など有害物質のデトックス
  • 肝臓病の予防や肝臓機能の回復改善
  • 便秘軟便下痢など腸内環境の改善
  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 食欲を抑えるなど食欲の軽減効果
  • 皮膚や粘膜の健康維持

ハーブ. スパイス.