アストラガルス(レンゲ)画像

アストラガルス(レンゲ)の基本的な効能効果

アストラガルス(レンゲ)の体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

アストラガルスの主な働き

  • 白血球数を増加促進による免疫力の向上
  • 不安感や肉体的ストレスへの抵抗力向上
  • テロメラーゼ活性化およびテロメアの延長による若返り効果
  • 化学療法(抗がん剤治療)による副作用の軽減
  • インスリン抵抗性の軽減および血糖値の低下による糖尿病の改善
  • 心筋の損傷抑制作用による心血管疾患の改善
  • 肺組織の補修作用による喘息の緩和
  • 抗炎症作用による皮膚アレルギーの改善
  • 肝臓、腎臓細胞の補修保護

アストラガルス(レンゲ)は内モンゴル原産のマメ科ゲンゲ属の多年草植物で、何千年にもわたって中国医学で伝統的に風邪、慢性疲労、下痢、自然発汗、食欲不振などの改善目的で利用されていました。

T細胞の活性酵素を刺激して白血球数を増加させる作用に優れるアストラガルスは免疫力を大幅に高めることができ、不安感や肉体的ストレスへの抵抗力を高めるアダプトゲンとしての効果も有しているため、インフルエンザ、花粉症などのアレルギー、慢性疲労症候群、副腎疲労、不眠症、EDや勃起不全の緩和目的での利用が一般的となっています。

また、テロメラーゼを活性化させテロメアを伸ばす作用を持つアストラガルスは、DNAの修復能力を向上させて細胞の若返りを促進して寿命を延ばす効果に期待することができます。

アストラガルスは様々な疾患の代替療法で利用されるハーブで、放射線治療や化学療法(抗がん剤治療)による副作用の軽減、インスリン抵抗性の軽減および血糖値・血圧調整作用による糖尿病の改善、心筋のカルシウム濃度を調節することで心筋細胞の損傷を抑制して心不全・虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)を引き起こした患者の治療にも利用されています。

その他にも肺組織の補修作用による喘息や気管支炎の緩和、抗炎症作用によるアレルギー性皮膚炎の改善、肝臓・腎臓機能の改善効果なども確認されています。

アストラガルス過剰摂取による副作用として頭痛、吐き気、下痢などを発症させることがありますが、特に危険視する副作用は現段階では確認されていません。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでアストラガルス(レンゲ)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • インフルエンザや風邪の予防
  • ストレスの緩和や耐性力の向上
  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • しわ・しみ・たるみの改善
  • 花粉症やハウスダストなどアレルギー症状の緩和
  • 発疹や湿疹など皮膚疾患の緩和
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • 睡眠の質向上や睡眠の健康化
  • 男女の性機能の回復
  • 肝臓病の予防や肝臓機能の回復改善
  • 腎臓病の予防や腎臓機能の回復改善

ハーブ. スパイス.