アスタキサンチン画像

アスタキサンチンの基本的な効能効果

アスタキサンチンカロテノイドの1種で、体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

アスタキサンチンの主な働き

  • 細胞組織の炎症抑制
  • 老化および癌細胞増殖の主原因である活性酸素の除去
  • 脳細胞および神経細胞の補修保護による脳機能の向上
  • 細胞間脂質の生成促進による皮膚や粘膜の健康維持

アスタキサンチンカロテノイドと呼ばれる赤みを帯びた色素で、ビタミンCの6,000倍、ビタミンEの550倍、β-カロテンの40倍の抗酸化作用を有する自然界で最も強力な抗酸化物質の一つです。

まずアスタキサンチンは活性酸素の除去およびフリーラジカルの不活性化、細胞組織の炎症抑制に優れた効能をもっており、細胞の酸化が原因となる全身のあらゆる疾患を予防緩和することができ、皮膚筋肉組織の損傷を軽減する作用も確認されているためボディビルダーやアスリート達の人気サプリの一つとなっています。

さらに神経細胞の補修保護作用も有することから、うつ病やADHD (注意欠陥・多動性障害)など発達障害、パーキンソン病、アルツハイマー病など認知症などの疾患を緩和することが可能で、欧米ではがん疾患や悪性腫瘍などを抑制する抗がん作用に注目が集まっており、特に男女問わず乳がんの治療で大きな成果を挙げています。

アスタキサンチンの強力な抗酸化作用は全身の肌をキメ細やかすることによるしわの軽減やニキビなど肌荒れを改善、紫外線による日焼けの予防緩和、乾燥肌やアトピー性皮膚炎の改善に期待がもてるため、日本ではアンチエイジングや美容目的で女性が摂取することが一般的となっていますが、副作用としてシミや色素沈着を招くだけでなく、顔の産毛や髭が濃くなるケースが多く報告されているため美容目的の過剰摂取はあまりおすすめできません。

ちなみに欧米の自然療法では男性の不妊症治療にも利用することがありますが、アスタキサンチンは血圧を下げる作用が確認されているため降圧剤を服用している方の摂取は推奨されていません。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでアスタキサンチンサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • ニキビや吹き出物など肌荒れを予防改善
  • しわ・しみ・たるみの改善
  • 発疹や湿疹など皮膚疾患の緩和
  • UV-AやUV-Bなど紫外線による日焼け緩和対策
  • 筋肉疲労や炎症の治癒力向上
  • 男女の性機能の回復

ハーブ. スパイス.