アスパラギン酸(L-アスパラギン酸)画像

アスパラギン酸(L-アスパラギン酸)の基本的な効能効果

アスパラギン酸(L-アスパラギン酸)アミノ酸の1種で、体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

アスパラギン酸(L-アスパラギン酸)の主な働き

  • 乳酸分解およびグリコーゲン生成促進作用による疲労軽減
  • 利尿作用による体内に蓄積したアンモニアの排出
  • NMF(天然保湿因子)の生成による細胞の水分維持

アスパラギン酸は体内合成可能な非必須アミノ酸で、日本では旨味成分として食品添加物に利用されることがあります。

アスパラギン酸は他の一般的なアミノ酸同様にタンパク質の生成を主な働きとしていますがカリウムマグネシウムなど様々なミネラルの働きを高める効果があり、さらに疲労の原因となる乳酸の分解や体内のエネルギー源となるグリコーゲン生成促進作用も相まって疲労回復効果に非常に優れた物質です。

その他にも新陳代謝を促進する酵素の補助や角質細胞の潤いを保つ機能、アンモニアを主とした体内に蓄積した毒素を排出するなど肌の美容効果に優れたアミノ酸となっています。

サプリメントとしてはL-アスパラギン酸の異性体であるD-アスパラギン酸形態を、筋肉成長率および運動パフォーマンスの向上目的に摂取することが一般的となっています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでアスパラギン酸(L-アスパラギン酸)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • 疲労回復効果の促進
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • ニキビや吹き出物など肌荒れを予防改善
  • しわ・しみ・たるみの改善
  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果

欠乏による症状

  • 慢性的な疲労感や倦怠感
  • 免疫力の低下
  • ニキビやシミなどの肌荒れ

ハーブ. スパイス.