アーティチョーク画像

アーティチョークの基本的な効能効果

アーティチョークの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

アーティチョークの主な働き

  • 胆汁の分泌促進作用による肝機能の改善
  • 消化機能の健全化による基礎栄養素の吸収率の向上
  • 腸痙攣を抑制および腸内環境の改善
  • 癌細胞の増殖抑制および死滅作用
  • コレステロールおよび血圧の安定化
  • 皮膚を紫外線による酸化ダメージから保護

アーティチョークはキク科チョウセンアザミ属の多年草植物で、古くからヨーロッパでは主に消化器系疾患、痛風、糖尿病などの治療に使用されてきました。

アーティチョークカリウム、マグネシウム、カルシウム、亜鉛、銅、マンガンなど多種多様のミネラルと、シナリン、クロロゲン酸、フェノール酸などの生理活性物質を含んでいます。

肝臓と消化機能の健康促進作用を持つアーティチョークは消化不良を改善させ栄養素の吸収を補助するだけでなく有害物質のデトックス効果も期待でき、さらに腸痙攣を抑制する効果もあるため数多くある自然食品の中でもIBS(過敏性腸症候群)に関連する腹痛、下痢、便秘、鼓腸などの症状緩和に優れています。

アーティチョークに含まれる多種多様の抗酸化物質と植物性化合物は優秀な癌細胞の増殖抑制および死滅効果を持っており、欧米の代替療法では特に乳癌と肝臓癌の治療に利用することが多くなっています。

その他にもアーティチョークは血圧および総コレステロール値の低下、食欲の抑制、紫外線による酸化ダメージの保護など様々な効果を期待することができる優秀な栄養食品です。

アーティチョーク過剰摂取による副作用としてキク科の植物であるマリーゴールド、カモミール、デイジーなどに対してアレルギーがある方はアナフィラキシーショックを引き起こす危険性があります。

さらにアーティチョークは胆汁酸の分泌を促進する作用を持つことから、胆石や肝疾患の患者の使用は推奨されていません。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでアーティチョークサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 肝臓病の予防や肝臓機能の回復改善
  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • 便秘軟便下痢など腸内環境の改善
  • 食欲を抑えるなど食欲の軽減効果
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • UV-AやUV-Bなど紫外線による日焼け緩和対策
  • 化学薬品や重金属など有害物質のデトックス

ハーブ. スパイス.