アルジュナ画像

アルジュナの基本的な効能効果

アルジュナの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

アルジュナの主な働き

  • 心筋の強化作用による心血管疾患の緩和
  • 肺機能向上による呼吸器官の改善

アルジュナはインド原産のシクンシ科の常緑高木で、3000年以上にわたってインドの伝統的なアーユルヴェーダ医学で心臓治療薬として使用されています。

心臓強壮剤として知られるアルジュナには心臓の筋肉『心筋』を強化するという特殊な特性があり、冠状動脈および血流の改善、心臓の左心室機能の改善、血圧と脈拍数の正常化、心臓細胞の炎症抑制効果に繋がると考えられています。

そのことからアルジュナには貧血、高血圧、胸痛、不整脈、動悸、虚血性心疾患、心筋梗塞、狭心症、心不全、脳卒中、クモ膜下出血、アテローム性動脈硬化症など心血管疾患の全ての問題を改善する可能性があります。

また、心臓だけでなく肺機能を向上させる効果も確認されているアルジュナを、欧米の代替療法では息切れ、気管支炎、喘息の治療に利用することがあります。

その他にもアルジュナには抗酸化、抗炎症、抗菌性、解毒、利尿、抗癌作用があり、インドでは不眠症、肝硬変、腎臓結石などにも有効性があるとされていますが、科学的根拠はほとんどありません。

アルジュナ過剰摂取による副作用として血糖値の低下、肝細胞の損傷、甲状腺機能の低下などが示唆されていますが、どれも可能性は低く、特に危険視する副作用は確認されていません。

なお、高血圧、胸痛、不整脈、動悸など心血管疾患の改善目的で利用する場合はタウリン、マグネシウムとの併用が推奨されています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでアルジュナサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 冷え症や血行障害の改善
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • 睡眠の質向上や睡眠の健康化

ハーブ. スパイス.