リンゴ画像

リンゴの基本的な効能効果

リンゴの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

リンゴの主な働き

  • フリーラジカルの中和による慢性疾患の緩和
  • 腸内環境の改善による便秘、下痢の改善
  • 糖質吸収抑制による脂肪蓄積の抑制
  • 抗アレルギー作用による花粉症、ハウスダストなどの軽減
  • 赤血球の増加作用による貧血の緩和
  • 血糖値、コレステロール値の調整による糖尿病の改善
  • アセチルコリンの分泌促進作用による脳機能の向上

リンゴはバラ科リンゴ属の落葉高木樹で、『1日1個のリンゴは医者を遠ざける』『リンゴが赤くなると医者が青くなる』など古来から数々の逸話が存在するほど健康利益の豊富な果物として知られます。

リンゴは栄養価が非常に高い果物で、特に可溶性食物繊維であるペクチンフラボノイドであるルチン、ケルセチンを豊富に含んでいます。

腸内環境を整える作用に優れるペクチンは便秘や下痢の改善は勿論、炭水化物や糖質の吸収速度を遅くさせることで脂肪の蓄積を軽減することができます。

強力なフリーラジカル中和作用を持つルチン、ケルセチンは数ある抗酸化物質の中でも抗アレルギー作用に優れており、食物アレルギー、ハウスダスト、花粉症、喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などの改善に期待することができます。

そしてリンゴには癌細胞の不活性化に優れる生物活性化合物が豊富に含まれており、特に肺癌、胃癌、食道癌、乳癌、大腸癌、結腸癌に対して有効性が確認されています。

その他にも赤血球の増加作用による貧血の緩和、血糖値・コレステロール値の調整作用による糖尿病の改善、神経伝達物質アセチルコリンの分泌促進作用による記憶力・認知力など脳機能の向上にも期待することができます。

リンゴ過剰摂取による副作用としてアレルギー反応、糖尿病の悪化などが確認されていますが、特に危険視する副作用は現段階では確認されていません。

なお、リンゴは残留農薬量が多い果物としても有名なため、代替療法で利用する場合はオーガニック栽培されたリンゴを選択してください。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでリンゴサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • 便秘軟便下痢など腸内環境の改善
  • 化学薬品や重金属など有害物質のデトックス
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 冷え症や血行障害の改善
  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • 花粉症やハウスダストなどアレルギー症状の緩和
  • 発疹や湿疹など皮膚疾患の緩和
  • 集中力や記憶力など脳機能全体の向上

ハーブ. スパイス.