アップルサイダービネガー(リンゴ酢)画像

アップルサイダービネガー(リンゴ酢)の基本的な効能効果

アップルサイダービネガー(リンゴ酢)の体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

アップルサイダービネガーの主な働き

  • 脂肪燃焼や他のダイエット効果の向上
  • 食欲の抑制および満腹中枢の正常化
  • 体内pHバランスをアルカリ性に促進
  • 血糖値やLDLコレステロール(悪玉)の低下

アップルサイダービネガーは林檎を天然酵母で発酵させた酢で、北米では最もメジャーな栄養補助食品の1つとして知られます。

アップルサイダービネガーには微量ではありますがビタミンB1(チアミン)、ビタミンB2(リボフラビン)、ビタミンB5(パントテン酸)、ビタミンB6(ピリドキシン)、ビタミンB7(ビオチン)、ビタミンB9(葉酸)、ビタミンCカルシウム、カリウム、マグネシウム、リン、鉄などのビタミン&ミネラル、特にペクチン、クエン酸を豊富に含んでいます。

アップルサイダービネガーは脂肪燃焼と満腹感を得る効果に優れているため欧米では一般的にダイエット補助食品として利用され、血糖値やLDLコレステロール・中性脂肪を低下させる効果にも期待できることから、糖尿病患者の食事療法で利用することもあります。

なにより非常に強力な抗菌性を有するアップルサイダービネガーは古くから消毒や感染症の治療に利用され、特にニキビを引き起こす細菌の繁殖阻害効果と腸内の善玉菌を増やす効果に優れているため美容目的の利用も多くみられます。

アップルサイダービネガー自体は酸性ですが体のpHバランスをアルカリ性に調節する作用があり、毎日食事に取り入れることで体のpHバランスを保ち癌細胞の発症リスク軽減にも期待することができます。

一般的な摂取量では特に危険視する副作用はありませんが、アメリカではダイエット目的の長期的な過剰摂取により、歯のエナメル質の低下による虫歯の発症が多く報告されています。

アップルサイダービネガーオーガニック・非加熱・無濾過製法でなければマザー(酢酸菌)が含まれないため、上記の3つの条件をクリアしている製品を選択するようにしてください。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでアップルサイダービネガー(リンゴ酢)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 疲労回復効果の促進
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • ニキビや吹き出物など肌荒れを予防改善
  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 食欲を抑えるなど食欲の軽減効果
  • 便秘軟便下痢など腸内環境の改善
  • 化学薬品や重金属など有害物質のデトックス
  • 吸収消化など消化器機能の向上

ハーブ. スパイス.