アピゲニン画像

アピゲニンの基本的な効能効果

アピゲニンフラボノイドの1種で、体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

アピゲニンの主な働き

  • 老化の主原因である活性酸素の抑制
  • 細胞炎症の抑制および軽減
  • 腫瘍を形成する酵素の活動阻害作用による抗ガン作用
  • 脳細胞および神経系の保護補修による精神の安定化

アピゲニンはカモミールやセロリ、パセリ、リンゴ、オレンジなど多種多様な野菜果物に見られる有機化合物(フラボン)で、強力な抗酸化作用と抗炎症作用を併せ持つことから抗ガン作用に優れた物質の1つとして注目されています。

腫瘍形成の原因の一つである酵素機能の阻害や正常細胞に損傷を与えずガン細胞だけを選択的に死滅させる作用が科学的に証明されているアピゲニンは、胃癌や肝臓癌、大腸癌(結腸癌・直腸癌)、白血病、絨毛癌などのガン細胞増殖抑制効果が確認され、特に乳癌、膀胱癌、前立腺癌、卵巣癌の治療に良好な反応が得られています。

アピゲニンは抗ガン作用だけでなく脳細胞および神経細胞の保護補修作用も有することが判明しており、ストレスや不安感の軽減、記憶力や学習能力の向上、うつ病や統合失調症の緩和、アルツハイマー病やパーキンソン病の改善、睡眠の質を高める効果にも期待することができます。

人体への影響は未知な部分が多いアピゲニンは過剰摂取による副作用も現段階では判明していませんが、長期間過剰摂取を続けると肝障害を引き起こす危険性が示唆されています。

アピゲニンは抗酸化作用に優れた他のフラボノイドとの相乗効果が確認されており、特にガン疾患や悪性腫瘍の治療目的で摂取する場合クリシンとの併用が推奨されています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでアピゲニンサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • ストレスの緩和や耐性力の向上
  • 集中力や記憶力など脳機能全体の向上
  • やる気が出る前向きになるなど物事の考え方を肯定的に改善
  • 睡眠の質向上や睡眠の健康化

ハーブ. スパイス.