アルファルファ(ムラサキウマゴヤシ)画像

アルファルファ(ムラサキウマゴヤシ)の基本的な効能効果

アルファルファ(ムラサキウマゴヤシ)の体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

アルファルファの主な働き

  • LDLコレステロール低下による心筋梗塞、動脈硬化など心血管疾患の予防緩和
  • 細胞の代謝促進作用による育毛発毛、肌の美容効果
  • 肝臓の解毒機能向上による有害物質の中和
  • 性ホルモンバランス安定化による更年期障害の緩和

アルファルファ(ムラサキウマゴヤシ)はマメ科ウマゴヤシ属の多年草植物です。

世界で最も栄養価が高い植物でありながら栽培が容易なアルファルファは、何百年にもわたって世界中で家畜の飼料として利用されていました。

アルファルファは腸内のコレステロール吸収抑制作用に優れており、特に悪玉コレステロール値の低下させることで心筋梗塞、脳卒中、動脈硬化など心血管疾患を予防緩和することができます。

また、アルファルファは毛髪と皮膚の代謝促進に不可欠なビタミンB群、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、シリカ(ケイ素)、アミノ酸を豊富に含むため、アメリカでは脱毛抜け毛の緩和、育毛発毛の促進、しわ・しみ・たるみの改善に優れる食品として認知されています。

その他にもクロロフィルによる重金属・化学物質のデトックス、高食物繊維による消化器系疾患の緩和、性ホルモンバランス安定化による更年期障害の緩和などが確認されています。

アルファルファ過剰摂取による副作用として自己免疫疾患、糖尿病の悪化、ホルモン感受性に関連する乳癌、子宮癌、卵巣癌、子宮内膜症など女性疾患を悪化させる可能性が示唆されていますが、可能性は非常に低く、特に危険視する副作用は現段階では確認されていません。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでアルファルファ(ムラサキウマゴヤシ)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • 抜け毛や薄毛の緩和/育毛効果や頭皮環境の正常化
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • しわ・しみ・たるみの改善
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • 口臭や歯周病などオーラルケア
  • 化学薬品や重金属など有害物質のデトックス
  • 便秘軟便下痢など腸内環境の改善
  • 吸収消化など消化器機能の向上

ハーブ. スパイス.