アラニン(α-アラニン)画像

アラニン(α-アラニン)の基本的な効能効果

アラニン(α-アラニン)アミノ酸の1種で、体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

アラニン(α-アラニン)の主な働き

  • 肝臓のエネルギーおよびアルコール代謝補助
  • NMF(天然保湿因子)の生成作用による皮膚細胞の水分維持

アラニン(α-アラニン)は肝機能の補助力に優れた体内合成可能な非必須アミノ酸です。

まずα-アラニンは肝臓でエネルギー代謝されるグルコース生成に不可欠な物質で、脳を含む全身のエネルギー供給に優れることから長期的な運動パフォーマンスを高めることに繋がります。

また、グルタミンとともにアルコールの分解促進作用も有するα-アラニンはアルコール耐性を強くすることや二日酔いを予防することでき、さらに肝臓に運ばれる有毒物質の解毒サポートおよび肝細胞の補修保護も可能とすることから疲労回復や免疫力を高めるなど身体機能全般の向上を期待することができます。

肝臓だけでなく角質細胞の保湿物質であるNMF(天然保湿因子)にも含まれるα-アラニンは肌の潤いを保つ目的で化粧水や乳液などの美容製品でも多く利用されていますが、保湿美容効果はそこまで高くはないため食事での摂取を多少意識する程度で十分だと考えられています。

なお、サプリメントではアラニン (α-アラニン)の異性体であるβ-アラニンを運動パフォーマンス向上や筋肉疲労軽減目的で摂取することが一般的となっています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでアラニンサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • 肝臓病の予防や肝臓機能の回復改善
  • 疲労回復効果の促進
  • 運動パフォーマンスの向上
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • ニキビや吹き出物など肌荒れを予防改善
  • UV-AやUV-Bなど紫外線による日焼け緩和対策

欠乏による症状

  • 慢性的な疲労感や倦怠感
  • 肝臓機能の低下
  • ニキビやシミなどの肌荒れ
  • 発疹や湿疹、アトピーなど皮膚炎の悪化

ハーブ. スパイス.