副腎皮質ホルモン画像

副腎皮質ホルモンの基本的な効能効果

副腎皮質ホルモン化学物質の1種で、体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

副腎皮質ホルモンの主な働き

  • 副腎機能の補助による副腎疲労の軽減

副腎皮質ホルモンは牛や豚など家畜の副腎から生成された化学物質です。

副腎は腎臓の上部に存在するホルモン分泌機能を司る器官で、免疫力や神経系の健康維持に不可欠な副腎が機能が低下するとやる気が出ない、体がだるい、寝ても眠い、疲れやすい、疲れが取れないなどの慢性的な疲労に陥るだけでなく、うつ病、花粉症やハウスダストなどのアレルギー症状の悪化、化学物質過敏症、不眠症や過眠症などの睡眠障害、バセドウ病/甲状腺機能亢進症、橋本病/甲状腺機能低下症、貧血などの重大な疾患を引き起こしてしまいます。

近年日本で健康診断の数値に異常なしとされた場合でも疲れやすいだるいなどの体調不良を訴える方が急増していますが、欧米ではそのような症状の患者にはまず副腎疲労(アドレナル・ファティーグ)の治療を行うことが一般的となっています。

副腎皮質ホルモン副腎疲労の改善に抜群の効果を発揮しますが副作用も多い物質で、長期間過剰摂取すると睡眠障害や機能性胃腸症、精神の不安定化などに陥るケースが多く報告されており注意が必要となります。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbで副腎皮質ホルモンサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 副腎疲労(アドレナル・ファティーグ)
  • 集中力や記憶力を高めるなど脳機能の向上
  • ストレスの緩和や耐性力の向上
  • やる気が出る前向きになるなど物事の考え方を肯定的に改善
  • 甲状腺機能低下による症状の改善
  • 自律神経の乱れを改善
  • 睡眠の質向上や睡眠の健康化

ハーブ. スパイス.