α-リポ酸(R-リポ酸)画像

α-リポ酸(R-リポ酸)の基本的な効能効果

α-リポ酸(R-リポ酸)ビタミン様物質化合物の1種で、体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

α-リポ酸(R-リポ酸)の主な働き

  • 脳細胞や末梢神経の補修保護
  • 炭水化物(糖質)や脂質、タンパク質の代謝およびエネルギー生産の補助
  • ミトコンドリアの活性化
  • 活性酸素およびフリーラジカルの不活性化
  • 金属キレート作用による重金属および放射性物質の排出
  • 血液の抗酸化能力向上による炎症した皮膚や筋肉の再生促進
  • 正常な甲状腺ホルモンバランスの促進

α-リポ酸ALAチオクト酸)は生命エネルギーの源であるミトコンドリアの活性化だけでなく、老化や癌の主原因である活性酸素およびフリーラジカルの不活性化作用を有する非常に強力な抗酸化化合物です。

優れた神経細胞の補修保護作用を有するα-リポ酸は現在もヨーロッパで医薬品として糖尿病性神経障害の治療や抗精神病薬の副作用軽減に利用され、特に慢性疲労症候群や自己免疫疾患、膠原病、全身性エリテマトーデス、シェーグレン症候群、多発性硬化症、パーキンソン病などの症状に大きな成果をあげており、さらには正常な甲状腺ホルモンのバランス維持にも期待できることから甲状腺疾患の患者に処方することもあります。

近年環境汚染による健康被害が世界的な問題となりデトックス効果の高い栄養補助食品が注目されるようになっていますが、α-リポ酸有毒物質を金属イオンと結合させて排出させるキレート作用を有しており、体内に蓄積した水銀や鉛、カドミウム、ヒ素、ベリリウム、アルミニウムなどの重金属は勿論のこと、放射性物質排出の効果も確認されています(セシウムやストロンチウムなどの放射性物質排出効果は低い。)。

その他にも様々な研究機関で炎症および損傷した皮膚筋肉組織の再生保護、脂肪燃焼によるダイエット効果、運動後の酸化ストレスを受けた心血管や肝臓の補修保護、さらには筋肉増強効果が確認されており、高負荷な筋トレやウエイトトレーニングを行うボディビルダー・アスリート達の定番サプリメントの一つとなっています。

α-リポ酸は化学的工程で製造された『S(α-リポ酸)』形態と生物学的に活性化された『R(R-リポ酸)』形態の2種類の異性体が存在しますが、『R-リポ酸』は『α-リポ酸』と比較して総合的効能が10倍以上だと実証されているため、金銭面に余裕があるならばR-リポ酸の摂取が望まれます。

ただ、より高い美容効果を求めて女性ユーザーを中心にリポソーム型など過剰摂取といえる量のR-リポ酸を毎日空腹時に摂取している方がみられますが、R-リポ酸金属キレート作用は身体への負荷が非常に重いため、長期間の摂取を続けると肝機能障害や腎不全などを引き起こす可能性が示唆されています。

さらに重大な副作用として脳や心臓などの代謝の活発な組織に重金属の毒素が回ることで心臓の痛み(胸痛)や不整脈、頭痛、吐き気などを引き起こす危険性があります(体内に重金属が大量に蓄積していた場合のみ。)。

そのため安全策として最初はカプセルから中身を少量を取り出し、α-リポ酸なら50mg、R-リポ酸なら10mgずつ(目分量でOKです。)服用して徐々に摂取量を増やしていく方法が推奨されています。

α-リポ酸は様々な成分との相乗効果が確認されており、金属キレート作用による重金属や放射性物質のデトックス目的の場合はグルタチオンセレンを、アンチエイジングや美容効果目的の場合はグルタチオンに加えコエンザイムQ10ビタミンCビタミンEを、筋肉増強およびダイエット目的の場合はコエンザイムQ10に加えクレアチンとの摂取が推奨されています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでα-リポ酸(R-リポ酸)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 集中力や記憶力を高めるなど脳機能の向上
  • ストレスの緩和や耐性力の向上
  • 自律神経の乱れを改善
  • しわ・しみ・たるみの改善
  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • 化学薬品や重金属など有害物質のデトックス
  • 肝臓病の予防や肝臓機能の回復改善
  • 腎臓病の予防や腎臓機能の回復改善
  • 甲状腺機能低下による症状の改善
  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • 疲労回復効果の促進
  • 運動パフォーマンスの向上
  • 筋肉の増強や成長率アップ
  • 筋肉疲労や炎症の治癒力向上
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 食欲を抑えるなど食欲の軽減効果
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持

欠乏による症状

  • 慢性的な疲労感や倦怠感
  • 記憶力や集中力など脳機能の低下
  • やる気が出ない物事の考え方が否定的になるなど精神の不安定化
  • 不安感や疎外感、憂鬱感など自律神経の乱れ
  • 肝臓機能の低下
  • 抜け毛・脱毛、薄毛など頭皮環境の悪化
  • 老化現象の加速
  • 免疫力の低下
  • 心血管疾患や動脈硬化などのリスク上昇

ハーブ. スパイス.